読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済ブログ

経済について書いていきたいと思います。コメントを歓迎します。 

世界の証券取引所の立会時間

東京証券取引所
前場 9:00~11:30
後場 12:30~15:00
先物 9:00~15:15
ナイトセッション 14:30~翌3:00

香港証券取引所
前場10:00~13:30 (現地時間9:00~12:00)
午場14:00~17:10 (現地時間13:00~16:10)
 
上海証券取引所
上場 10:30~12:30 (現地時間9:30~11:30)
午場 14:00~16:00 (現地時間13:00~15:00)

フランクフルト証券取引所
16:00~翌0:30(現地時間10:00~16:30)
 
ロンドン証券取引所
17:00~翌1:30 (現地時間8:00~16:30)

ニューヨーク証券取引所
23:30~翌6:00 (9:30~16:00)


・欧米は、3月中旬頃から11月の初めの頃まで、サマータイムで一時間早まる。
・日本とロンドンの時差は9時間、ニューヨークとの時差は14時間。
・ロンドン市場とニューヨーク市場が重なっている日本時間21:00~翌2:00の時間帯は、世界で最も取引されている時間帯であり、世界の情勢を表す時間帯である。
・中値とは、午前10時頃の気配値を基に、銀行が当日渡しの10万ドル未満の外国為替取引にあたって提示する基準レートの事。
・ロンドンフィックスとは、ロンドン市場でのその日の対顧客向けの基準レートを決める時間で、日本時間で深夜1:00。日本の中値に相当する。